ソフトウェア

メモリーが512MBしかない、古くさいPC(Let's note CF-W4)でEclipseを使っていたのですが、どうにもメモリーを食うらしく、仮想メモリーを使い始めてしまい、ちょっと我慢できないぐらい遅いので、試しにNetBeansを使ってみることにしました。

NetBeansは、PHP用のものをダウンロードしてインストールするだけ、あとはXAMPPのphp.iniの
zend_extension_ts と xdebug.remote_enable をコメント解除し、xdebug.remote_enable=1 にすれば、デバッガもすぐに使えるようになりました。

メモリーもEclipseより食わないので(Eclipseもちゃんとチューニングしてあげれば良いのでしょうが)、今のところ快適に使えています。

完全に日本語化されているので、日本語版で使う人にはやさしいです。おそらく入門用としては、EclipseよりもNetBeansの方が敷居が低そうです。

TrueCrypt(ディスク暗号化)

投稿者:Administrator 投稿日時:2011/12/02(金) 15:33

『Dropbox』などのオンラインストレージや、USBメモリーなどに大切なデータを保存する際には、万が一データが外部に流出してしまったときに備えてデータを暗号化しておくべきです。

いろいろな方法が考えられますが、無料で、WindowsにもMac OSにも対応していて、一定の信頼性のあるものとなると、現時点ではオープンソースの暗号化ソフト『TrueCrypt』一択ではなかろうかと思います。

ここでは、『TrueCrypt』のダウンロード、インストール、基本的な使い方などについてまとめてみたいと思います。

これまでは、Windowsにくらべてアンチウィルスソフトの必要性が格段に低いと言われてきたMac OSですが、今後はどうなっていくかわかりません。いつなんどき、悪質なウィルスが流行するかもしれませんんので、対策をしておくのに越したことはことはありません。個人で利用するのは無料というソフトがありますから、個人のMacにはどれかインストールしておくのがおすすめです。もちろん、業務用のMacには、Windows同様、有名メーカーから有償ソフト(ライセンス)が提供されているので、それらを利用しなければなりません。

ClamXav
オープンソースのUnix向けのアンチウィルスツールキット『ClamAntiVirus』をベースにしています。

VirusBarrier Express

1.PowerPoint Viewerのダウンロードページで「ダウンロード」をクリックします。

ppt000.png

2.「実行」をクリックします。

ppt001.png

3.「はい」をクリックします。

ppt002.png

4.しばらく待ちます。

ppt003.png

1.Word Viewerのダウンロードページで「ダウンロード」をクリックします。

word001.png

2.「実行」をクリックします。

word002.png

3.「はい」をクリックします。

word003.png

4.しばらく待ちます。

word004.png

1.Excel Viewerのダウンロードページで「ダウンロード」をクリックします。

excel000.png

2.「実行」をクリックします。

excel001.png

3.「はい」をクリックします。

excel002.png

4.しばらく待ちます。

意外と知られていないようなのですが、Office Viewer という大変便利なソフトが、Microsoftから無償で提供されています。Microsoft Office製品を使用して作成された書類を忠実に表示させ、閲覧・印刷・内容のコピーを可能にするソフトウェアです。Excel Viewer、Word Viewer、PowerPoint Viewerなどがあり、たとえばこれらのViewerと、オープンソースのオフィスソフトであるOpenOfficeとを併用すれば、Microsoft Officeでできることのうち、かなりのことができてしまうのではないでしょうか。自宅のPCで仕事をするために、Microsoft Officeを時々使用したいというような方は、これらのソフトを使用してみるのも良いかもしれません。すでにMicrosoft Officeを購入して使用している方も、今後のバージョンアップ費用が節約できるかもしれません。

XAMPP for Mac OS X 1.7.3 であれば、xdebug は入っているので、有効化するだけです。

/Application/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini に、とりあえず2行追加します。

[xdebug]
zend_extension="/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/php-5.3.1/extensions/no-debug-non-zts-20090626/xdebug.so"
xdebug.remote_enable=1

1行目は、xdebug.so の存在するパスを書いてください。

apacheをリスタートすれば、phpinfo にxdebug が現れます。

新たにPCを買う(買った)場合に、まず何をおいても考えなくてはいけないのが、ウィルス対策です。特にWindowsPCでは、ウィルス対策ソフトのインストールは必須です。では、アンチウィルスソフト、何を買えばよいのでしょうか?答えは、「買わなくてよい」です。理由は簡単、個人用途であれば、無料で使えるアンチウィルスソフトがあるからです。

そこそこ有名で、安心して使えるものとして、下の3つが挙げられます。

Free Antivirus AVG ANTI-VIRUS FREE EDITION:
http://free.avg.co.jp/

アバスト! アンチウィルス:
http://www.avast.co.jp/

Avira AntiVir:
http://www.avira.com/

オープンソースのWEBオーサリングツール、Aptanaをインストールします。Eclipseベースのパッケージもありますが、すでにEclipseがインストールされているという前提で、プラグインとして追加してみます。

環境:MacOS X 10.5 + Eclipse HELIOS

Aptanaのサイトにアクセスし、「DOWNLOAD APTANA STUDIO」のリンクをクリックします。

Aptana公式サイト:
http://www.aptana.com/

「Eclipse Plug-in Version」を選択し、「DOWNLOAD APTANA STUDIO 3」のリンクをクリックします。

「Installing via Eclipse」と、ありますので、その指示に従い作業します。その指示とは下記のとおりです。
1.下記URLをコピーします
http://download.aptana.com/studio3/plugin/install
2.Eclipseのメニューから「Help」→「Install New Software」を選択します。
3.「Available Software」のWork with のテキストボックスに、コピーしたURLをペーストします。

PHPを主にしたWEBプログラミングの開発環境としてEclipsをインストールします。「Eclipseは良い」といわれても、何から手をつけていいのかわかりにくい面もありますので、ここでご紹介します。

OSはMacOS X 10.5です。

Eclipseは、開発言語などに応じてプラグインを同梱したパッケージが提供されています。まず、公式サイトにアクセスし、「Downloads」のリンクをクリックしてダウンロードページを開きます。ここで、使用中のプラットフォームに応じたパッケージの一覧が表示されます。今日現在、というか最新のバージョンのリリースから今日まで、PHPのパッケージはありません。

Eclipse公式サイト:
http://www.eclipse.org/

何やら少し心配ですが、気を取り直して Old Versions のリンクをクリックします。バージョン選択の際に、Helios、Galileoなど、異なる名前のものが選択肢にありますが、これは単にメジャーバージョンごとにつけられた名前ですので、最新版の一つ前、ということで「Eclipse Helios SR2 Packages (v 3.6.2)」を選択します。

Windows用のファイルアーカイバ(圧縮・解凍)ソフトです。
 
高圧縮率の7-Zip(.7z)フォーマットでの圧縮が可能です。ZIP形式での圧縮や、大抵のフォーマットの解凍に対応していますし、機能も必要十分なものを備えており、おすすめです。
 
WindowsのOSは、標準ではZip形式とLHA形式(WindowsXPの場合はソフトのダウンロードが必要)による圧縮・解凍が可能ですが、rar、7zipや、Linuxでは標準的なtar、gzipなどについては解凍(展開)できないため、圧縮・解凍ソフトをインストールしておくのが便利です。
 
また、Windows XPでは、OSの機能でZip形式の圧縮ファイルにパスワードを設定することができたのですがWIndows Vista、Windows 7ではその機能が廃止されましたので、パスワード付きの圧縮ファイルを作成する場合には、圧縮・解凍ソフトをインストールする必要があります。
 
WinZIP、WinRARなど、有名で高機能なソフトがありますが、いずれも有償です。
 

PHPを使ったサイトの開発をするのに必要な環境をそろえるのに、いわゆるAMP環境(Apache + MySQL + PHP)のパッケージを利用するのが簡単です。MacOSやLinuxであれば、OSに標準装備されていますが、それでもいろいろ試していじり倒すというような場合は、別のパッケージを導入しておいた方が何かと便利です。本番のサーバーはLinuxだけど、Windowsで開発したいという場合には特に有用です。

Windows用のVertrigo、Mac用のMAMPPなんていうパッケージもあり、それぞれなかなか使いやすいのですが、ここは(個人的には)クロスプラットフォームにこだわりたいところです。そこで登場するのが XAMPP です。いや、実を言うと、MacOSでの開発にMAMPを使っていたのですが、時々サーバーが起動してくれなくなるというトラブルがあったので、XAMPPに乗り換えたという経緯もあるのですが、、、

インストールは簡単(これは他にも言えることですが)ですし、使っている人も多いのでそのぶん情報も多く、おすすめです。

XAMPP公式サイト(Apache Friends):
http://www.apachefriends.org/jp/index.html

ウェブ開発の必需品の一つに、FTPクライアントがあります。機能としては、LinuxのみならずWindows,Mac OSにも標準でインストールされているので、コマンドラインを使いこなせる人なら必要ないのですが、そうは言ってもGUIはあらまほしきものということでソフトを選んでみます。(Windowsに至っては、エクスプローラーがFTPクライアントにもなるのでGUIも実現されていますが)

絶対条件ではないのですが、WindowsでもMacでも使うことができて、オープンソースで、というあたりで絞ると、スタンドアローンのアプリケーションなら、ほぼ FileZilla しか無いという状況です。Windowsオリエンテッドっていうことで、MacOSのGUIには違和感が結構あるのですが、世界的にはかなりのシェアがあるようなので安心して使えるとは思います。DrupalやUbercartのサイトでも(おすすめ?)開発ツールとして紹介されていますし。

あとは、FireFoxのアドオンである FireFTPも、なかなかの使い勝手で、用途によってはFileZillaより良いかもしれません。機会があれば具体的な機能比較などやってみたいと思います。使ったことはありませんが、EclipseのプラグインにもFTPクライアントがありますのでいずれ試してみようかと思います。

高機能なオープンソースの統合開発環境(IDE)をインストールします。

PHPなど、WEB関連の開発にも使用するつもりですが、まずは試しにJAVAの開発環境をインストールします。

Eclipseのサイトで「Downloads」をクリックします。

www.eclipse.org

2011年2月28日現在、最新版はHelios(3.6.2)となっています。

「Eclipse IDE for Java Developers」の「Windows 32 Bit」をクリックします。

ダウンロードアイコンをクリックして任意の場所にファイルをダウンロードします。

ダウンロードした「eclipse-java-helios-SR2-win32(.zip」を解凍します。

解凍してできたフォルダ「eclipse」を任意の場所に配置して完了。eclipse.exeをダブルクリックすると起動します。

なお、eclipseを使用するにはJRE(Java Runtime Environment)が必要です。

JREがインストールされていない場合は、Javaのサイトからダウンロードしてインストールします。

http://www.java.com/

HDDのパーティション構成を変更する場合、通常はHDDをフォーマットし直す必要がありますが、このツールを使えば再フォーマットせず、データが保存されたままで変更が可能になります。個人用途でのみ使用可能な、フリーのHome Editionがあります。

http://www.partition-tool.com/

インストールして試しました。パーティション構成を設定するとPCが再起動され、起動時に再構築の処理が行なわれます。HDDの容量、使用領域、回転速度などによって異なりますが、Cドライブ10GB & Dドライブ50GB という構成を Cドライブ30GB & Dドライブ30GB に変更するのに30分もかかりませんでした。

もちろん作業前には大切なデータのバックアップを取りましょう。

しばらくこの状態で使用してみることにします。

フリーのPDFビューワ(閲覧)ソフトの比較です。

フリーのPDF作成ソフトを比較してみました。  

 

コンテンツ配信